COMPANY

活動理念

人々の元気と健康のために

西暦2000年から始まった国の福祉行政の中心をなす「健康日本21」は2013年3月に終了し、同年4月よりこれから10年間の国民の健康目標を定めた第2次「健康日本21」がスタートしました。

それは日本の「平均寿命」が世界トップレベルの長寿国とはなったが「健康寿命」との差が10歳以上もあり、この健康格差を縮める事がこれからの福祉政策の重要な課題とされたのです。

この課題の具体的推進のために厚生労働省により「Smart Life Project」が立ち上がり「健康寿命をのばそう!」をスローガンに、さまざまな呼びかけと活動が進んでおります。
サンオートもこの呼びかけに賛同し自社の業務を進めてゆく考えです。

特に高齢者の加齢に伴う「立つ」「歩く」といった動作が困難になり、要介護、要支援と言った状況になってしまうロコモティブシンドローム(運動器症候群。通称:ロコモ)対策は難しいが挑戦して効果を挙げなければならない福祉行政の大きな課題であります。

サンオートでは、過去50年以上にわたり全国の自治体が運営する福祉施設で高齢者の健康維持と予防介護の為に電位治療器を利用していただきました。

これからはより広い分野で電位治療器スカイウェルを活用してゆくことが国の福祉行政を推し進める事にもなると考え、さまざまな民間福祉施設(デイサービス、デイケア、ケアハウス、サービス付高齢者住宅⦅サ高住⦆、介護付き有料老人ホームなど)や治療院、商業施設(スパ、健康ランド、フィットネスクラブ、ホテルなど)への提供という形で人々の元気と健康を支えてゆきたいと考えています。

Smart Life Project
(スマートライフプロジェクト)

厚生労働省により「Smart Life Project」が立ち上がり「健康寿命をのばそう!」をスローガンに、さまざまな活動が進んでおります。サンオートもこの呼びかけに賛同し自社の業務を進めてゆく考えです。

Smart Life Projectサイトへ

社会貢献

事業活動を通じて
社会に貢献していきます

今後、少子化による総人口の減少と高齢化が同時進行していく、日本。
2025年には、総人口に占める高齢者の割合が3割を超えると見込まれています。そんな中にあっても社会全体の活力を維持していくためには、高齢者が健康で生きがいを持ち、積極的に社会参加できる環境を整えることが何より大切です。

株式会社サンオートは、スカイウェルの提供という事業活動を通じて、高齢者の心身の健康を支えるとともに、すべての世代の人々が共存・共栄できる豊かな社会の実現に貢献していきたいと考えています。
また、地球温暖化対策は、企業が率先して取り組むべき重要課題であると認識しています。私たちは、オフィスにおける省エネ活動を推進するだけでなく、より消費電力量の少ない、エコな製品を開発・普及することで、CO2排出量の削減を目指していきます。