施設用電位治療器を導入したお客様の声

公共福祉施設

利用者の健康づくりだけでなく、コミュニティの形成にも貢献しています

施設利用者数の多い日は順番待ちで長蛇の列も

担当者: 当施設は公立の高齢者施設として、介護予防サービスや高齢者の生きがいづくりを目的とした様々なレクリエーションプログラムを提供しています。1日の利用者は平均250人〜280人くらいで、そのうちかなりの方がスカイウェルを使用されていると思います。
8台設置していますが、とくに週3回の体操がある日は、そのために来た70人くらいの方もすわられるので常に空かない状態。待合席がいっぱいになり、どこかからイスを持ってきてすわっているような状態になります。 スカイウェル目的で毎日通う"週休2日の職員よりも皆勤賞"という方もいらっしゃいます(笑)。

足元の段差解消で転倒の心配がなくなりました

担当者:当初は従来型の施設用電位治療器を設置していましたが、足元に段差があり、靴を脱いで台に上がって、すわってという時に(転倒の可能性があり)、少し危険な方もいらっしゃいました。
その点、スカイウェルでは足元がフラットになってよかったなと思います。

利用者様からは、肩こりがよくなった、かぜをひきにくくなった、などという声をうかがうことがあります。職員が利用者様から直接感想を聞くケースは決して多くはないのですが、これだけたくさんの方に利用されているのは、やはり皆さん、いいと思っていらっしゃるからではないでしょうか。

メンテナンスとリース契約の充実が導入の決め手に

管理者:スカイウェルは、当施設利用の"入り口"の機能も果たしています。とくに宣伝しなくても電位治療器の周りには人が集まりますし、来たついでにいろいろな掲示物を見てプログラムの申し込みをして帰る方もいらっしゃいます。
ご自身の健康維持プラスいろいろな関係づくりのきっかけになるのは非常にいいことです。生きがいづくりにもつながりますから。

担当者:バスで知り合った人を連れてきていただく方もいて、時々驚かされることがあります。隣同士の席で話をしているうちに「すごくいいから、あなたいらっしゃいよ」となるみたいですよ(笑)。

関連ページ

このページをご覧になっている方が見ているページです。

ご相談・お見積もりを承ります

導入前のご相談、使用時のトラブル等お気軽にご相談ください。

0120-808-294
WEBでのお問合せはこちら

ページトップへ

資料請求
お問合せ
お見積依頼
施設用電位治療器の『スカイウェルSW-9000H』。温熱機能と3電極通電方式でさらにやさしくなりました。
健康寿命とともに45年

高齢者福祉への取り組み

スマートライフプロジェクト

スマートライフプロジェクトとは
Smart Life Projectは、厚生労働省が展開する国民運動です。「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、 全ての日本人が人生の最後まで元気で健康で楽しく毎日が送れることを目標にさまざまな呼びかけを行っています。
株式会社サンオートもこのプロジェクトに賛同し、平成24年12月よりメンバーに登録しております。

日本最大級 異業種交流展示会に出展した際の動画を配信しています。
「スカイウェル」の体験動画を公開中です。

安心・安全の保守点検 。電位治療器の修理・点検
電位治療器 スカイウェルの導入をお考えのご担当者様へ
導入施設・企業様インタビュー。福祉施設、治療院など
開発物語。スカイウェルができるまで
スカイウェル取扱販売店募集